お金が掛かる=優良サイトお金が掛からない=無料サイト

メールアドレスを交換できるような関係になれるのは、どんな出会い系サイトなのでしょう。

人気№1
SWEET LINE
>>出会い系サイトの詳細はこちら
人気№2
DATE
>>出会い系サイトの詳細はこちら
人気№3
エピソード
>>出会い系サイトの詳細はこちら
出会い系サイトには大きく二つあり、「お金のかからない無料出会い系サイト」と「お金がかかってしまう有料出会い系サイト」があります。
最初に「お金がかからない」タイプの無料出会い系サイトについてお話していきます。
このタイプの無料出会い系サイトはお金がかからないゆえに、どんな人でも簡単に会員になることが出来ます。
ですから、無料出会い系サイトに登録している人間もとても沢山存在するのです。
ですが、反対にどんな人でも会員になることが出来るので、出会いを目的としていない、ただの遊びで会員になっている人も沢山居るのです。
そうなると、当たり前なのですが遊びでなく、本気で出会いを探している相手を検索することも大変なことなのです。
つまり、メールアドレスを交換できるような関係になれるかどうかと言うと、それはかなり難しいものとなっているのです。
しかし、このタイプの無料出会い系サイトの中でもとても良い制度を取り入れていて、思っていなかった以上の結果が出る場合があります。
それでは「お金がかかる」タイプの有料出会い系サイトはどのようになっているのでしょうか。
「お金がかからない」タイプと違い、このタイプの有料出会い系サイトを利用している人たちは、お金がかかる分真面目に出会いを探しています。
遊びで有料出会い系サイトにお金を使おうと考える人は殆ど居ないでしょう。
このタイプの有料出会い系サイトを使っている人間は、「出会いたい」と真面目に思って登録しているのですから、自分の気に入った相手が居れば、基本的には迷うことなくメールアドレスを教えるでしょう。
変に「お金がかからないから」と無料の出会い系サイトばかりを利用していて、いつまでたっても気に入るような人が見つからない、なんてこともありえるのですから、気をつけなければなりませんね。
メールアドレスを交換したいと考えているのであれば、お金がかかるタイプの有料出会い系サイトを上手に利用するのが最短の道だと思います。
どちらも良し悪しがありますから、どちらを利用するかは考えて使ってみてください。

出会い系サイト=サクラではないの?

サクラといえば出会い系サイト――いつしかそんなイメージが定着してしまいました。
たしかに有料の出会い系サイトにはサクラが存在しますが、なかにはまともに運営しているサイトもあります。
しかし、悪徳サイトがそれを上回る勢いで増えてしまった結果、そうしたイメージが定着してしまったのです。
サクラは、運営者に雇われたバイトや在宅のバイトなどがありますが、収入としてはメール1通で10円程度だと言われています。
ヘタな内職などに比べればかなり高めと言えそうです。
しかし、やはり数をこなさなければ生計を立てることは難しいと言わざるを得ません。
内容を考えるだけでも大変な作業になってしまいます。
そこで、サクラは専用の文例ともいうべきバイブルを使っています。
それを活用するあまり、サクラから送られてくるメールはどれも似通ってしまっているのです。
いきなりHしたいなどと言い出したりする不自然さも、そのバイブルを活用しているからなのです。
ですが、これはあくまでもポイント制サイトでしかも悪徳サイトのサクラである場合です。
無料出会い系サイトやSNSなどに潜むサクラは少々厄介です。
他の悪徳有料サイトへ引き込むために、じっくりと攻めてくるのが特徴です。
そこでサクラの見極め方ですが、まずは強引にでも会いたいということを伝えてみましょう。
サクラの会話内容は非常にノリノリで親しげです。
通常、素人の一般女性がそこまでノリノリで親しげであるのであれば、会うのはさほど難しいことではありません。
もちろん返事は個人差があるでしょうが、すくなくともいずれは会うという方向に話が進むはずです。
仮に会うということを拒むようであれば、それがサクラでなかったとしても見切った方が賢明でしょう。
もしサクラであれば、その話題をスルーするなどの対応をしてきますからすぐに分かります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ